連絡先
メールボックス<br>日本語話せますので日本語でも大丈夫です。<br>でも日本語がおかしいところがあるかもしれないので、<br>指摘するとありがたいです。
 
ダウンロード - ROM - スーパーファミコン (SNES) - PANDORA-BOX


Site is in the archive mode. All roms were deleted from the server.


フルバージョン・・・スクリーンショット・説明含:

0-9   A  B  C  D  E  F  G  H  I  J  K  L  M  N  O  P  Q  R  S  T  U  V  W  X  Y  Z  全てのROM

ジャンル順:
- First person shooter
- Gambling
- RPG
- その他
- アドベンチャー
- シミュレーション
- シューティング
- スポーツ
- パズル
- ピンボール
- プラットホーマー
- ボード
- マルチ
- ライトガン
- レース
- 作戦
- 対戦格闘
- 格闘アクション

検索するキーワードを入力してください:
(ゲームの名前、説明で検索してください。

国内版のタイトル(アルファベット表記)Bakumatsu Kourinden Oni
国内版のタイトル幕末降臨伝ONI
発売年1996
出版社/メーカー Pandora Box / Banpresto
プレーヤー1
ジャンルRPG
スクリーンショットを全部見る まだ、このゲームには説明がありません。
説明を加える・変更する

国内版のタイトル(アルファベット表記)Burai - Hachigyoku no Yuushi Densetsu
国内版のタイトルブライ 八玉の勇士伝説
発売年1993
出版社/メーカー IGS / Pandora Box / Riverhill Soft
プレーヤー1
ジャンルRPG
スクリーンショットを全部見る まだ、このゲームには説明がありません。
説明を加える・変更する

国内版のタイトル(アルファベット表記)Gakkou de Atta Kowai Hanashi
国内版のタイトル学校であった怖い話
発売年1995
出版社/メーカー Pandora Box / Banpresto
プレーヤー1
ジャンルアドベンチャー
スクリーンショットを全部見る 画面に表示される文章を読んでいき、途中で現れる選択肢を選ぶサウンドノベル形式のアドベンチャーゲーム。 主人公は六人の語り手の中から一話ずつ怖い話を聞き、それを追体験していく。主人公が実体験するのではなく語り手から話を聞いていくというシステムは珍しく、この作品の大きな特徴である。語り手を選ぶ順番や途中の選択肢によってシナリオが変化し、そのシナリオ数は膨大なものである。誰の話を何人目の話として聞くかで怖い話が変わり、六話目を誰に語ってもらうかで七話目が決まる。
説明を加える・変更する

国内版のタイトル(アルファベット表記)Ryuukihei Dan Danzarubu
国内版のタイトル竜騎兵団 ダンザルブ
海賊版のタイトルDragon Squadron Danzarb
発売年1993
出版社/メーカー Gainax / Pandora Box / Yutaka
プレーヤー1
ジャンルRPG
スクリーンショットを全部見る まだ、このゲームには説明がありません。
説明を加える・変更する

国内版のタイトル(アルファベット表記)Soul & Sword
国内版のタイトルソウル&ソード
発売年1993
出版社/メーカー Banpresto / Pandora Box
プレーヤー1
ジャンルRPG
スクリーンショットを全部見る まだ、このゲームには説明がありません。
説明を加える・変更する

北米版のタイトル Traverse - Starlight & Prairie
国内版のタイトルトラバース スターライト&プレーリー
発売年1996
出版社/メーカー Pandora Box / Banpresto
プレーヤー1
ジャンルRPG
スクリーンショットを全部見る 特にこれといった目的も無い、旅することが目的の挑戦作RPG 色々な街を自由に巡り、イベントを見つけて行く流れとなっている。 自由度が高く、多くの人数を仲間にできたり、結婚といったこともできる。 世界観はそれなりに作りこまれており、戦闘もオーソドックスなものであるが、その独特な作りから人を選ぶRPGである。 Soul&Swordの続編。
説明を加える・変更する

国内版のタイトル(アルファベット表記)Tsukikomori
国内版のタイトル晦-つきこもり-
発売年1996
出版社/メーカー Pandora Box / Banpresto
プレーヤー1
ジャンルアドベンチャー
スクリーンショットを全部見る 画面に表示される文章を読んでいき、途中で現れる選択肢を選ぶサウンドノベル形式のアドベンチャーゲーム。 主人公は六人の語り部の中から一話ずつ怖い話を聞き、全員聞き終えた後の六人目に応じた七人目(七話目)の話を無事聞き終える事が目的という、同社制作の前作『学校であった怖い話』と、ゲームとしての作りを同じにしている。
説明を加える・変更する

ROMのリスト: 7
 
 

 

EMU-Russia © 2001-2019